基礎心理学研究室曾我重司 教授

自己紹介

心理学科 曾我重司です。
専門は、知覚心理学と交通心理学です。
主に動きの知覚について興味を持って特にアニメーション関係の研究をしています。

担当授業

■学部

心理学概論I
知覚心理学(知覚・認知心理学I)
心理学研究法基礎(心理学研究法I)
交通心理学

■大学院

知覚心理学特別演習
コミュニケーション特別輪講

主な研究・経歴

現在は、主に「オバケ」と呼ばれるアニメーションの技法の一つに興味を持って研究しています。「オバケ」とは、いわゆるアニメーションのコマとコマとの間に別の形のコマを入れることで動きの軌跡や速さの印象を変化させるものです。

ゼミの卒業研究では、主に色や照明などについてのテーマを選択する学生さんが多いです。それ以外では、運転中の携帯電話の利用による注意の分散、化粧の仕方による魅力度の変化、食べ物の色と味の印象の関係、音響・音楽の心理的な印象などのテーマの卒研があります。

研究室一覧

  1. 基礎心理学研究室

    曾我重司 教授
    アニメーションや特撮の動きや空間表現を知覚心理学的に分析しています。

  2. 基礎心理学研究室

    大塚聡子 教授
    人間がさまざまなものを見て、評価して、反応する、そのしくみを調べています。

  3. 基礎心理学研究室

    河原哲雄 教授
    こころのはたらきを支える情報処理プロセスを心理学実験で探ります。

  4. 臨床心理学研究室

    三浦和夫 教授
    芸術療法や特に箱庭療法に力を入れてます。

  5. 臨床心理学研究室

    袰岩秀章 教授
    集団、学校、人格形成という切り口で人の心の理解や臨床訓練に取り組みます。

  6. 臨床心理学研究室

    友田貴子 教授
    抑うつ気分からの回復やストレスへの効果的な対処などを探っています。

  7. 臨床心理学研究室

    藤巻るり 准教授
    心理療法やこころの発達について、イメージや遊びという視点から研究しています。

  8. 臨床心理学研究室

    小野広明 教授
    犯罪加害者と被害者への理解と支援について、事例を通して考えます。

PAGE TOP