研究室・教員一覧

環境浄化研究室有谷 博文 教授

「環境浄化」および「エネルギー低負荷」の二つの急務な問題を化学的・工学的な技術、とくに、ユニークな触媒やプラズマ応用プロセスなどで解決へと導く研究開発を進めています。メタンなどの地球温暖化ガスの有効利用から、排気ガス・VOCなどの身近な環境問題物質の浄化まで、実用化を目指して幅広い挑戦を続けています。

ホームページ >>

研究室紹介

  1. 微生物応用研究室

    秦田勇二教授
    微生物から新機能を探り出し、人類に役立てる!

  2. 環境計測化学研究室

    松浦宏昭准教授
    新素材を適用した環境化学センサや新型蓄電池の開発。

  3. 植物ゲノム工学研究室

    秋田 祐介 准教授
    ゲノム情報を利用して、効率的に画期的な植物を作りたい!

  4. 環境浄化研究室

    有谷 博文 教授
    生活環境浄化から温暖化抑制まで、触媒・プラズマ技術で開拓中。

  5. 遺伝子工学研究室

    石川 正英 教授
    遺伝子組換えで、人々の役に立つタンパク質を大量に作る。

  6. 合成化学研究室

    岩崎 政和 教授
    金属触媒を有効に使って特殊な有機化合物の新規合成を試みます。

  7. 光材料化学研究室

    木下 基 准教授
    光に応える・光を操る柔らかい材料創製。

  8. 細胞分子生理学研究室

    熊澤 隆 教授
    味覚の不思議を解明し、製品開発に生かします。

  9. 応用生体分子化学研究室

    長谷部 靖 教授
    神秘のパワーを秘めた生体分子を化学の力で操り、豊かな未来を!

  10. 環境材料化学研究室

    本郷 照久 准教授
    環境・資源・地球温暖化問題を材料化学の知識と技術で解決!

  11. 物質化学研究室

    田中 睦生 教授
    不可能を可能にする材料開発。

  12. マイクロ・ナノ化学研究室

    丹羽 修 教授(先端科学研究所)
    ミクロ、ナノの微小な世界を研究して新規な環境、医療センシングを開拓する。

PAGE TOP